さくら

立春を過ぎて陽は長くなってきているが相変わらずの寒さが続く毎日。

こう寒いとさくらの季節が待ち遠しい。日本人の桜に対する想いは深く特別である。

ましてや桜のマークを胸に刻み日本代表として戦うスポーツ選手の姿は誇らしい。

人々は、開花の便りを聞き、春の到来を実感し胸躍り、前向きな気持ちになる。

一方、散りゆく花びらに人々は憐れや盛者必衰の理を重ねたりもする。

風情や情緒に疎い筆者は、桜開花=花見=宴会の図式が脳裏をかすめてしまうが、桜の開花シーズンはやはり日本人に希望をもたらす1年を通じて最大の時期である。

ハロウィーンやクリスマスに押されず末永くメジャーなポジションでいて欲しい。

 

 

さて、今回は毎年ご好評をいただいている春限定商品「サクラあんまん」を紹介をしたい。

白あん、生麩、中国の甘酒“チューニャン”、桜の葉塩漬けを使用した特製の餡をほのかに桜の香りがする淡いピンク色の生地で包んだ甘さの中に塩味とモチモチ食感が楽しめるこの季節の限定商品だ。

和菓子や洋菓子で季節の素材としたサクラ関連商品は多いが、中華まんじゅうにまで昇華させている店はほとんどない。

開花の便りを耳にしたら、桜の名所である元町公園や港の見える丘公園あたりをぶらりと散策した帰路に前田橋を渡って中華街に立ち寄り蒸篭で蒸した熱々の「サクラあんまん」で冷え切った体を温めて春の到来を再確認してもらいたい。

ある本で目にした句を紹介して筆をおく。

 

“あれもこれも みんな桜のせゐにして”